中央区銀座にある歯周病専門歯科

歯周病専門医安藤歯科

〒104-0061 東京都中央区銀座8-19-3 銀座竹葉亭ビル1F

ACCESSアクセス方法

ANDO DENTAL OFFICE

完全予約制・完全個室

TEL03-3524-9679

CONTACT US FORMメールフォーム

ANDO DENTAL OFFICE

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科

どうやって、虫歯や歯周病を治すか、ということよりも、どうやれば、虫歯や歯周病にならないか、を考えた方がよいと思いませんか?そうすれば、痛い思いをしなくて済みますし、長い期間、通院しなくても済みます。また、医療費の削減にもなります。
なにより、自分の歯で何でもおいしくいただけるのは、すばらしいことです。

ある国の国民の歯は、80歳で25、6本も残っているのに、日本は7、8本しか残っていません。(全部で28本)これは、何が違うのでしょうか?
それは、「予防歯科」と「メンテナンス」の違いです。個人にあった虫歯予防、歯周病予防と言うのは、ひとそれぞれ違います。あなたにあった予防法を提案させていただくことにより、生涯、自分の歯を保つことができるのです。

これまでの、日本の歯科治療、すなわち「早期発見早期治療」の名の下に、削って、詰める、を繰り返していると、歯はどんどん少なくなります。
この悪循環をいつ断ち切るか、それはあなた次第です。
さあ、一緒に予防プログラムを始めましょう。

予防歯科の流れ

虫歯のなりやすさ、歯周病のなりやすさ。これはひとによって、異なります。ただ、歯ブラシをがんばっても、効果は半減してしまいます。あなたにとって、なにが原因で虫歯になったのでしょうか?歯周病になったのは、なぜなのでしょうか?

人によって虫歯、歯周病になりやすいリスクは違います。それを調べることにより、予防方法は変わります。

  • 1唾液検査:唾液の量の測定、唾液の中和する力の測定、虫歯の原因菌の検査
  • 2磨き残しの状態の把握、プラークコントロールの方法の確認
  • 3生活習慣の確認
  • 4口の中の悪い菌の除去

以上のことを行います。回数は4回からです。お口の状況により、回数は異なります。

歯の治療をきちんと行っても、病気の原因がわかっていないと、ムシ歯や歯周病は再発します。そのために、治療の前に予防を行うのです。予防が治療の第1歩です。

歯科疾患予防プログラムのご案内

8020運動をご存じでしょうか?80歳までに28本ある歯を20本は残しましょう、という運動です。
皆様のお口の中には歯が何本ありますか?現在日本では、80歳で20本の歯が残っている方は51.2%と言われております。ちなみにスェーデンは80%です。こんなに歯に関心を持ち、歯ブラシは小さい頃から良くやっており、歯医者さんには通っていたのに… 歯を失う多くの理由は、虫歯と歯周病です。

つまり、このたった2つの病気を何とかすれば、歯を失うことはないのです。たった2つです。そのためには何をすればよいのでしょうか?
この違いは「予防」の考え方です。そして、医療費は高いですが、きちんとした治療をされています。そうです。歯が悪いのは国民性ではなく、考え方なのです。

今からでも間に合います。きちんと治療と予防を行っていけば、これ以上歯を抜かなくても良いのです。
安藤歯科においては、開業以来、予防医療に力をいれています。患者さんのお口の状態により、指導内容、指導回数は異なります。皆様にあった予防コースをおすすめ致します。

予防歯科のセルフチェック

○個以上で歯周病の可能性あり!

  • 虫歯は、早期発見、早期治療が大切だ?
  • 1日3回歯を磨いているので、虫歯または歯周病にはならない?
  • 生まれつき歯は丈夫なので、虫歯も歯周病にもなりにくい?
  • 虫歯の兆候があれば、すぐに歯医者に行って治療を受けているので安心?
  • 歯磨き粉は必ず使用している?
  • 歯石は時々取ってもらっているから安心だ?
  • たばこは体には悪いが、歯ぐきには悪くない?
  • 電動歯ブラシを使用したほうが、良く磨ける?
  • 甘いものはあまり食べないので、虫歯になりにくいはず?
  • 歯ブラシをすると、時々歯ぐきから血が出るので、血が出ないように優しく磨く?
  • デンタルフロスを使うと、歯と歯の隙間が広がるので、使わない?

※質問の答えは来院されたときにお話ししましょう!